top of page

逆汚染?洗い方はいつもと同じなのに黒ずむのはなぜ?セーラ服 夏服 Before&after 




いままで・・


洗濯の事なんかあまり意識してなかったし、誰にも教わることなく・・


洗濯機の使い方さえわかれば洗う事は出来た。


洗いたい服を入れて


洗剤を入れて


スイッチオン


誰だって出来る。


子供が中学生になり


制服


を着る様になってちょっと慎重になった。


今まで


洗濯で失敗したことがある人もない人も


ちゃんと洗わないとって意識して実行した事。


それは分けて洗う


今までは家族全員分まとめて


だったのが


制服だけは別洗い。


これで移染のリスクはゼロに出来る。


そうやって洗い続けて中学を無事クリア


高校も同じように出来ると思っていたのだが・・


何か違う


キレイじゃない。


まだ1年なのに・・・


これはちょっとヤバい。


困る


娘さんがお母さんにダメ出しをしてる訳ではなく・・


洗ってるお母さんがこの状態で娘に着せるのは嫌だとご依頼頂きました。


ぱっと見


わかる様なシミがある訳じゃないです。


よーく見ればわかるシミは結構あります。


中学の制服


同じような夏服。


白のセーラー服。


中学では綺麗に洗えていたのに高校はダメみたい。


洗い方は全く同じだそうです。


洗濯機も洗剤も同じだそうです。


なんとなく発色性が悪い。


2枚あるうち1枚は明らかにくすんでる。


並べてみたり


重ねてみたり


やっぱ、薄汚れている。


まず考えられるのが逆汚染


洗濯で「汚染」だなんて最悪ですよね。


逆汚染は、洗濯をした後に服が汚れたように見えるトラブルです。


原因:


洗濯機内部の汚れ: 洗濯機内部に残った洗剤、ほこり、カビなどが衣類に付着し、逆汚染の原因となります。


過剰な洗剤の使用: 過剰な洗剤は衣類に残り、逆汚染を引き起こします。


汚れた洗濯物: 汚れた衣類と清潔な衣類を一緒に洗濯すると、汚れが他の衣類に広がることがあります。


対策:


洗濯機の定期的な清掃: 洗濯機内部を清潔に保つために、定期的なクリーニングを行いましょう。


適切な洗剤の使用: 洗剤の指示通りに使用し、過剰な洗剤を避けます。


汚れた衣類の分別: 汚れた衣類と清潔な衣類を別々に洗濯し、交差汚染を防ぎます。


でもまずは・・


キレイにしないと。


2枚同じような色にしないと。


薄汚れて発色性の悪い白を鮮やかで明るい白に戻さないと。


それ


僕がやりますね。


今後、先ほどの対策を試してもまた同じようになったなら


いつでもお持ちください。


洗うのはかんたん。


でも


きれいに洗うのって


当たり前に出来る様で出来ないんですよ。




Kommentare


bottom of page