top of page

顔料プリントのべたつき 経年劣化 TOGA PULLA トーガ プルラ ワンピース 収納中に出来た染み しみぬきビフォーアフター




洋服の経年変化をポジティブに捉え愛する人が大勢います。


エイジング


なんて言い方をして自然な変化に魅力を感じる訳です。


いい味出てきたって感じですね。


ジーンズとかレザージャケットとかワークブーツとか


天然素材の自然な変化が好きってのは男性に多い気がします。


だから新品の状態がいちばんカッコ悪い。


でも着る事で育つ。


育った状態を妄想しながら育つ過程も楽しむ。


そんな着方をする気持ちも私は理解出来ます。


ただそれが全てでもありません。


新品の状態がいちばんで、その状態をずっと維持したい。


経験変化NO


アンチエイジングが望ましい。


これは女性に多い傾向だと思います。


私はその気持ちも理解出来ます。


今日のワンピースの変化は


ちょっと残念と言うか・・


ガッカリな変化でです。


確かに


新品の状態を維持出来ない的な事がタグに書いてあるけど・・


そんなの買う時は知らなかった。


もしくは


そんな事書いてあるのは見たけど


あくまでも「可能性」の話であって必ずそうなるって事ではないと思って安心してた。


しかし


いざ


自分の服がそんな風になってしまうとショックですよね。


もうベタベタです。


原因と改善策と予防法を調べていたのですが・・


どうやらそれは経年劣化で避けられないようです。


こんな風になるのなら買わなくきゃよかった。


いや


これは買ってた。


どうせ、こうなるならもっと沢山着ればよかった。


いや


もう結構買ってから時間経つから別にそんなの気にならない。


そのまま着て


もっとべたべたしてきたら処分する


色々な考えがあるかと思いますが・・


ご依頼はプリントのベタベタじゃなくて


染み抜きです。


ポケットの袋の染み。


なんだこれ?


洗ってから収納してたのに!


染み抜きは成功しました。


ただ劣化によるべたつきはますますひどくなるんじゃないかと思います。


それは止められないと思います。


Comentarios


bottom of page