top of page

食べこぼしで出来た油染み 染み抜き成功事例Before&after 毛100% オーダースーツ




年末年始は外食する機会も多いのではないでしょうかね。

普段着る服と外出する際に着る服ちょっと違うし

外出の目的が誰かと会うって場合もちょっと違うし

誰と会うか

何処で会うか

会って何をするか

によっても

着る服は変わると思います。

皆さん、相応しいと思う服を着る訳です。

PCのモニターから自分の姿を他人に見られる機会が増えたことで

カツラ関連株が値をあげました。

程度の差はあれど・・

誰もが見た目を気にしてます。

なので・・

見えない(見られない)ところは油断します。

服はしっかり選びますが・・

その服の状態は油断してませんか?

今日の事例のスーツ

オーダー品です。

素材は高級ウール100%です。

このレベルのスーツを着る人であれば・・

シャツもネクタイもスーツに相応しいものを選ぶと思います。

同様に・・

ベルトや靴や鞄と言ったレザー素材の服飾品も良いものを選んでると思います。

男性が身に着けて違和感のないアクセサリー的なポジションの時計も、高額で良いものを選んでるのではないでしょうか。

自分で選んだものを身に付けている自分を他人に見られるわけです。 

どんな印象を持つかは人に聞いたりできないと思いますが・・

少なくても悪い印象ではないはず!って思ってるでしょう。

油断してない時は尚更です。

誰かと会ってお食事をする。

美味しいお酒も飲む。

そうして楽しく過ごしてると

身に覚えのないシミを付けてしまう事もあるんですよ。

何をつけたか定かでない事だってあるんですよ。

ぱっと見

目立つ訳ではないけど・・

このスーツにシミがあるのは気になりますよね。

良いスーツなんだから

良い時計なんだから

染みなんかあっても大丈夫!

だなんて思わないですよね。

どんなにいいものを選んでもシミがあったら台無しですよ。

清潔感も急降下ですし印象も悪くなります。

何とかシミを取らないと

でも

自分では洗えないし

部分的にシミを取るなんて事は難しい。

服をちゃんと選ぶように

染み抜きを依頼するクリーニング店も選ぶ必要があります。

服は何処で買っても同じじゃないように

クリーニング屋も同じじゃないですよ。

そして

染みだって同じように見えるけど実は反応が違ったりします。

この事例は股の染みだけが違う反応でした。

違うものが付いたのか

シミが付いた日が違うのか

もう知る由もありませんが・・

お渡しの際にシミが消えてるのは同じじゃないといけません。

高級な服

高額な服

良い素材

デリケートなので

メンテナンス内容も同じじゃないです。

その辺をわかってるところじゃないと安心して頼めないですし・・

安心して頼めるところがないと安心して買えないですよね。

ケアラベルにもデリケート素材って書いてありましたので、素材の風合いを損なうことなく染み抜きが出来てほんと良かったです。


bottom of page