top of page

Burberrys Vintage ステンカラーコート 襟の汚れ 黄ばみ 黒ずみ クリーニング 染み抜き Before&after




まずはBefore&after


今回も大成功です。


特に酷かったのが襟です。


めちゃくちゃ綺麗になっています。


染み


汚れ


シワ


ニオイ


ゼロです。


古いバーバリーのコート。


当店では数多くのメンテナンス事例を公開しております。


洋服はコートに限らずシワがないってだけでかなり印象が変わりますよ。


カジュアルな印象が一気にドレスライクになりますね。


このコートの素材には化繊が混紡されてるので綿だけよりはしわになりにくいとは思うのですが・・


ハンギングしてスチーマーをあてたとしても、当店の仕上がりの様にはなりません。


シミや汚れのBefore&afterだけでなく整形プレスのBefore&afterも意識して見てもらえればうれしいです。


お預かりの状態で表から見えるシワが自然な感じですが・・


ウールのライナーの背中部分のシワは不自然でしたね。


まるで水洗いしてしまった際の脱水じわみたいに見えますが、ウールにはその形跡はありません。


襟がこれだけ汚れるんだから袖もそれなりに汚れています。


もちろん、全体的にも薄汚れていますよ。


とても大事に着ていたのはわかりますが・・


どんな服も着れば汚れは付きます。


見て判断するしかない場合。


シミや汚れによる色の段差が見えないと綺麗だと思ってしまう。


綺麗なら洗う必要がないと思ってしまう。


そんな人の方が多いですかね。


もうさすがに洗わないと!


って感じで当店に依頼して下さると


ピカピカになって蘇ります。


ただ


汚れが酷いなら、綺麗にするのに手間がかかります。


洗浄力を重視しなければならないので、生地への負担も増します。


リスクを減らす手間も必要になります。


どんなにリスクを減らしても、綺麗にするために必要な作業をする事で一時的に望ましくない変化が生じたりもします。


それを元に戻すのにも手間がかかります。


この事例はいくらですか?


ってのがとても気になると思いますが・・


その手間は常に同じではありません。


お預かりのアイテムがバーバリーでビンテージでステンカラーコートで綿と化繊の混紡で、襟の汚れが気になる。


全くこの事例と同じ。


だとしても・・


同じ作業


同じ時間ではないと思います。


同じなのはキレイになる結果です。


その時間の差が料金の変動制の理由です。


そして


キレイになるのは


キレイになるまで作業をひらすら続けるからです。


こんなに時間をかけたんだからもういいや。


なんて事ではなく


シミや汚れがもう何をしても変化しないと思うまで諦めないんですよ。


そりゃ薄く残ってしまう場合もありますが・・


もっとやれば取れそうに思えますが・・


もう取れないところまで


ギリギリまでやった結果です。


でも大抵は取れますよ。


きっと、仕上がりを見たお客様は


にんまり


出来ると思います。


とにかく長く着る事が出来るコートです。


買う時は高いけど数年でダメになることはなく、飽きもきにくいです。


なので


大事になるのがメンテナンスです。


お客様のBurberrysのメンテナンス係にして頂くことが私の望みです。


ご相談はお気軽にどうぞ

Comments


bottom of page