iCB 麻のコート エリの汗染み 黄ばみ 着る前洗い 染み抜きとクリーニング






真冬に着るアウターは持ってるけど・・


まだ少し寒い春先


もう結構寒い秋口


に着るアウターは持ってないって方多いです。


特に今日ご紹介の様なコート。


意識して着ないと出番が少ないかもしれませんね。


このコートは素材感も冬じゃないし、今の季節に着るにはとてもオシャレだと思います。


登山って登りは暑くて山頂では寒くて・・


汗冷えしないようなベースレイヤー(肌着)がすごく大事らしいです。


そのベースレイヤーの次ぐらいに大事なのが薄手のウィンドブレーカーらしいです。


薄手なので軽いですし、コンパクトに収納出来て持ち運びしやすい。


そして何よりレイヤリングしやすくい。


キャンプブームによって登山をしない方にもアウトドアブランドの機能性の高い服が大人気ですよね。


真冬は中間着


春や秋はアウター


そんな薄手の服も欲しくなりますよね。


機能性の高い服なのでお高いんですが・・


このデザインならタウンユースもOKって服が沢山あります。


山でしか着る事が出来ないなら高いけど、毎日着る事が出来るなら安い!


いつだって、都合のいいように解釈し、「買う理由」や「着る意味」を求めています。


有名なパタゴニアのナノパフを持っていれば・・


マイクロパフに買いなおす必要もなければ、ダウンセーターを買い足す必要もないんですが・・


ジャケット持ってるからベストも欲しい。


とか


フード付きのジャケット持ってるからフード無しも欲しい


とか


黒は持ってるから、別の色も欲しい


とか


ワンサイズ大きい(小さい)のが欲しい


とか


どんどん「沼」にはまっていくんですよね。


女性が着る服は男性より選択肢が多いです。


それにファッション性を最重要視していれば・・


アウトドアブランドには興味がないかもしれません。


でも


男性は大好きですよ。


ジブンのライフスタイルには不要な機能性。


オーバースペックってやつに惹かれるんです。


めちゃくちゃメンテナンス性も良いですしね。


結局、トレンドに左右されず長くそのモデルを満足して着る事が出来るのであれば・・


コスパいいのかもしれませんね。


男性のお客様はそういったアウトドアブランドのご相談多いです。


女性のお客様の中には


オンワード樫山


で展開してるブランドだけ着る方が複数いらっしゃいます。


今日、ご紹介のお客様もそのひとりです。


オンワード樫山の関連ブランドであれば・・


安く流行りものを買って使い捨てするより、ずっと長く着られるっておっしゃっていました。


武田さんにメンテナンスをお願いしていれば10年は余裕よ


っておっしゃっていただき、すごくうれしいです。


ご依頼頂くお客様に「頼んでよかった」って喜んで頂けるよう素材や状態にあった「最善」のメンテナンスをさせて頂きます。


オンワード樫山さんもパタゴニアさんも引き続きよろしくお願いします。


もちろん、その他のブランドもよろしくお願いします。