maemuki suit! マエムキスーツのオーダーシャツ ワインの染み抜き



トレンドはワイドなシルエットが継続中です。


トップに着る服はもう限界まで大きくなっているのではないかと思うのです。


身幅がもう無理なら


袖(アーム)を太くとか


長丈のコートなんかもどんどん着丈が長くなっています。


トップスで着る服はもう限界まで大きくなっているのではないかと思うのです。


すると、今度はボトムズですね。


スキニー

テーパード(アンクル丈)

ストレート

バギー

ワイド


どんどんボトムも大きくなり・・


Iラインシルエットは上も下も太い感じですね。


もう着る人の体型なんか関係ない感じになってきたかな・・


でもそれはあくまでもトレンドの話であって、そんな服しか売っていない訳ではありません。


アメカジであったり


アウトドア系であったり


もともとリラックスした感じや動きやすさなんかを大事にしてるので、極端なシルエットの変更はしないですしね。


トレンドダウンしたら、もうダサくて着られない。


そんな風にならない方がいい!って人も大勢います。


私は仕事柄、着画ではなく、製品面を見るわけです。


素材感の良さや仕立ての良さなんかで、これは良いな~


なんて、ぶつぶつ言いながらシャツにアイロンをかけています。


自分のスタイル(体型)にあったシルエットで究極なのはオーダーメイドですね。


今日、ご紹介のマエムキスーツさんのオーダーシャツっておいくらぐらいですかな・・


2万を超えてくるのかな・・・


コモリとかグラフペーパーとか・・


ドメブラのシャツなんかは吊るしであっても平気で2万を超えてきます。


海外のハイブランドのシャツなんかはそもそもオーダーして買うなんて感覚がありません。

吊るしであっても桁が違ってきます。


オーダーの概念がないのはファストファッションブランドも同じ。


ユニクロの2,990円のシャツじゃおしゃれ出来ないなんてことは絶対ありませんが・・


ちょっとした差(個性)を手に入れる為に10倍ぐらいするシャツを着る。


そのシャツ一着買うぐらいなら、こっちを10枚買う


とか


シャツ以外の服を買う。


って方も居れば・・


そのシャツなら10枚でも要らない(着ない)けど、このシャツは10倍の値段でも買う(着たい)って方も居ていいんです。


コモリのシャツより安いとばかりに、オーダーしてシャツを着るってのもおおいにアリですね。


もう洋服は使い捨てではない時代ですから・・


売ることを考えたら、コモリやグラフペーパーの方が売りやすいし・・


アウトドア系の人気ブランドであればもう間違いないってとこですが・・


オーダーシャツにはオーダーシャツの魅力がいっぱいです。


初めて着た日にワインのシミを付けてしまったとの事。


それは凹みますよね。


大丈夫です。


動画でも話していますが、付いたばかりのワインのシミで何もしていない状態。


洗濯絵表示が水洗いOKであるならば・・・


染み抜きの成功率は100%に近いです。


是非ご相談下さい。

 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.