top of page

Patagonia イスマスユーティリティジャケット 生産性と品質のバランス クリーニング店のsaleは本当にお得なのか?




パタゴニアのイスマスユーティリティジャケット


定価は27,500円


色はインクBLACK


リサイクル・ナイロン100%素材を使用し、ポリウレタン・コーティングとDWR(耐久性撥水)加工済み。


原産国はスリランカ


新品でこのシワです。


新品ですから・・・


試着(着用)に伴うシワではないです。


洗濯もしていないので脱水じわでもないです。


じゃ製品製造時に出来たシワ?


既に材料の生地にこんなシワがあったとは考えにくい・・・


誰だって予測出来ますよね?


たたみじわですよ。


梱包するためにたたむ。


手作業なのか・・


たたむ機械があって、それを人がサポートしてるのか・・


全くわかりません。


でも畳んで梱包して重ねて箱に入れて放置した事で出来たシワです。


店舗でハンギングsきて陳列する際もこのシワの状態のままでしょうね。


どうなんだろ?


もっときれいに


もっと丁寧に


シワにならない事を意識して


畳んでいたら・・こんな風にならないんでしょうか?


そりゃ


新品は綺麗ですよ。


しみや汚れはないですよ。


でも


シワだらけなんですよ。


パタゴニアに限った話ではないですが・・


特にパタゴニアのシワ酷くないですか?


Tシャツとかも凄くないですか?


どうですか?


パタゴニアを沢山買ってる皆さん。


気にならないですか?


それが普通だと思って着てます?


じゃ、ネットで紹介されてるその服。


モデルさんが着てる服。


製品面見ても着画みても・・


そんなシワなんか全くないですよ。


その状態で着たいでしょ。


その状態で着る事が出来るって思って買うでしょ?


でも


届いた服はしわだらけ。


新品で買ってシワ取りでクリーニング屋に依頼しお代を払ってから着る。


抵抗ありますよね。


でも、仕方ないとは思えない。


このままシワくちゃで着たくない。


返品や交換も面倒。


どうせ交換しても同じようなしわだらけが届く。


やっぱ、クリーニング屋さんお願いします。


って感じで新品を預かる事は、多くはありませんが、少なくもないんです。


飲食店の食品サンプルとかメニューの写真と実際の料理のギャップにガッカリ。


プロフ写真だって奇跡の一枚を使うので実際に逢ったら「え?」って事ありません?


そんなのあるあるですよね。


シワもあるあるです。


もっと丁寧にたたんでくれれば防ぐことが可能なのかな?


仮に


仮にですよ


畳み方が雑過ぎるからこうなるって事事なんか百も承知だとしましょう。


それが出来ないのは生産性が悪くなるから。


同じ時間で梱包出来る服の数が減るから。


雑だけどこのくらいならOKでしょ。


そうしないと今の生産性を保てない。


なんて事ないんですかね?


さて


クリーニング店は衣替えの時期にsaleをするところが多いです。


「しまい洗い」を促したり「保管サービス」をPRしてもなかなか行動に繋がらないお客様の背中を押す。


それがsaleです。


もう結論から先に言います。


SALE期間はお安いけど品質も悪くなります。


理由は入荷点数が多い分、どうしても雑になってしまう事があるからです。


生産性なんかどうだっていい。


クオリティファースト


ってクリーニング屋はsaleしませんよ。


洗濯は手間仕事なんです。


綺麗になるのは適切な手間をかけるからです。


商材を仕入れて売る仕事じゃないので、同じものを買うなら少しでも安いところ。


送料が無料なところ・・


ってのがクリーニング加工サービスには該当しません。


sailで安い。


お得だ。


それほんとかな?


なんで安く出来るのかな?


例えば


洋服のsaleであれば売れないからでしょ。


って思いますよね。


食料品のsaleは賞味期限が近いからでしょ


って思いますよね?


他にも


大量に仕入れる事安くなります


とか


中間マージンが発生しないから安く出来ます


とか


安い理由さえ納得であれば大いにお得だと思いますよ。


でもクリーニングは違うかもしれませんよ。


そりゃうちはちょっと雑にやっちゃうけどその代わり安くしますよ


なんて言うはずがありません。


どのクリーニング店も専用の機材があってそれを扱うのは人です。


従業員の心情として、同じ給料で忙しくなる事を好んでいる人は少ないです。


なのでsaleで大量入荷でうれしいのは経営者だけで従業員は仕方なく・・


なんて思ってるかもしれません。


そんな感情で仕事をする。


一杯あるぞ。


もたもたしてると終わらないぞ


急げ~


それ、自分の服なら嫌じゃない?


あら・・


なんか今回の仕上がりよくないわ。


なんて思ったらそれsailじゃなかったですか?


だから


お勧めは使い分けです。


sailでクリーニングに出す服


そんなに大事じゃないけど、クリーニング出しとかないと


みたいなお洋服



本当に大事な服は分けましょう。


sailなんかしないクリーニング店に出す服ってどんな服?


saleじゃなくても依頼するでしょ?


その方が良いと思います。


宿泊施設は繁忙期に値段をあげるでしょ。


同じ部屋なのに高いでしょ。


やってる仕事(サービス)全く同じ。


部屋も料理も風呂も同じ


でもその期間しか旅行出来ないよね?


じゃ高くても利用してくれるよね?


まさに我が業界とは真逆です。


クリーニング屋が衣替えの時期に値段を一時的にあげるなんて聞いた事ありません。


そんな事したら、依頼するものも依頼しなくなります。


だって、今じゃなくていいからね。


いやいや、安くするから今出してよ


衣替えだしさ。


ってのが我が業界のsaleです。


沢山集めやすい時にいくらでも集めよう。


雑にならないようにしっかり保管するから。


え?


洗わないで保管ですか?


シミや汚れが早期処理を推奨しまくってるのに、預かっかた服は放置?


それ、自分の服なら嫌じゃない?


そんな理由で


安い時期を避ける。


納期は数か月後なんて保管も避ける、


仕上がりの品質を最重視すれば


そうなりますかね。


もっときれいに


もっと丁寧に


そりゃ、生産性悪くなるけど・・・


お客様にとってはうれしいと思います。


手間をかけてなんぼの商売ですよ。


sailしてるクリーニング店が悪い訳ではなく・・


安さの理由を知って依頼して頂くと同時にクリーニング店を上手に使い分けして頂く事でよりよい洋服のメンテナンスが出来ると思います。





Comentarios


bottom of page