patagonia ダウンセーター ベスト 白いスレ汚れ しまい洗い 染み抜き



昨日ご紹介のポーターのトートの白けは擦れによる変退色でしたので洗っても修正出来ない訳ですが・・


今日ご紹介のパタゴニアのダウンセーターベストの白けは擦れによって出来た汚れでしたので洗えば綺麗になりました。


シミや汚れであれば・・


洗ったり染み抜きをする事で変化します。


シミや汚れが取れれば


地色との色の段差がなくなります。


ただ


地色そのものの色やグロスが変化してしまってると・・


もう洗っても染み抜きしても無理な訳です。


大抵は汚れも付いていますので、酷い場合は汚れによって地色が隠蔽されていて・・


地色の正確な状態が把握できない。


なんてこともありますが・・


色の段差は全てシミや汚れではない事をお知らせすることも大事ですね。


メンテナンスをする際に知ってなきゃダメな知識は、お客様にとってはとても専門的な内容かもしれません。


無意識に専門用語なんかを使ってしまうと、せっかくのご説明がよく理解出来ないなんて事になりかねません。


話し言葉にしても


文章にしても


伝えたいことがあってその時間を使うわけですから。


クリーニング店とのトラブルの大半はコミュニケーション不足と言うか・・


相互確認をしてない事や説明してない事が原因です。


担当者が複数いる場合もよくありますからね。


夫婦間でも


言った 言わない


聞いた 着いてない


でよく揉めたりもしますから。


お客様におかれましては依頼する前の検品を徹底して頂き、気になる点をお話ください。


それを相互確認しながら、必要に応じてこちらからご質問させて頂きます。


最善と思えるメンテナンス方法をご説明し、お見積りさせて頂きます。


また作業の途中であっても必要に応じてお知らせすることも御座います。


最近はLINEや複数のSNSのメッセンジャー機能を使って写真や動画を送ることが出来て大変便利です。


常にスマホが手元にある状態って事は常に撮影可能って事です。


お客様にお知らせする方法もどんどん進化していますね。


それから・・


依頼したあとは数日で出来上がるはずです。


出来るだけ早くお引き取りの方がトラブルは断然少ないです。


人の記憶はあっという間に曖昧になってしまいますからね。


作業をした本人も一ヵ月前の染み抜きの事を覚えていられません。


だからお互いに覚えてるうちにお取引が終了出来るのが望ましいです。