ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ カナダグース ダウン 毛皮とレザー



洋服って生地と糸から出来ていますが、生地にはいろいろな素材があります。


綿とかウールとかナイロンとか・・・


またそれらを混紡してあるとか・・・


また表地と裏地で違う素材とか


とにかく色々な素材が混じってる状態で着ています。


着ると汚れます。


汚れたら洗って綺麗にしたいと誰もが思います。


今日の事例はダウンです。


ダウンってのは中綿の素材です。


正確にはダウン90%フェザー10%とかの混率で混ざってます。


表地は綿とナイロンの混紡素材。


裏地は化繊100%。


そこに毛皮とレザーが付いてます。


毛皮はメンテナンス性を考慮して取り外し可能です。


だから問題はありません。


でもレザーは取り外し出来ないです。



ほんのちょっとだけ・・


袖の先端のパインピングで使われています。


先端は擦れの多い部分なので生地を補強するって事と、同色系であっても素材を変える事によってかなり雰囲気が変わります。


アリと無しで比較すれば圧倒的な差が出ます。


もちろん、あった方が製造コストがあがりますがカッコいいです。


但しメンテナンス性は悪化します。


洗濯絵表示に従ってドライクリーニングをするにしても、ナーバスな作業を強いられます。


部分的にレザーが使われてるダウン製品はメンテナンス性が悪いのか・・・


クリーニングに出す際に初めて知るお客様が殆どです。


それでいいんですよ。


作る側や売る側はファッション性や機能性を訴求します。


売れる(売れ続ける)事がGOALです。


どんな服でも「ダウン」ってアイテムであれば同じ作業をする。


同じ作業時間で仕上がる。


それが定額制のクリーニング店のシステムです。


だから、レザー付きなんてダウンは嫌うでしょうね。


依頼するお客様もなんとなくわかってます。


だから、どこに依頼していいものか・・と悩む訳です。


ファッション性の高いアイテムも機能性重視のアイテムも当店には沢山入荷します。


一点一点、どんなメンテナンスが最適かを検討させて頂きますのでお気軽にお寄せください。


ビューティー&ユース(ユナイテッドアローズ)の別注のカナダグースの事例。


襟の汚れを綺麗にし、毛皮のくせを修正しました。


ダウンのロフトもレザー部分もなんの問題もなく綺麗で清潔な状態に出来ました。


ご利用ありがとうございます。

 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.