ブラックデニムの豆乳のシミ



豆乳のシミが厄介なわけではなく


購入したばかりの濃い黒のデニムが厄介です。


まず、色が凄く出ます。


きっとこのアイテムは必ず単品で洗う必要があって、一度や二度洗ったぐらいでは色出は治まらないでしょう。


デニムって次第に色が変わりますし、洗うと色が出てしまう。


それはそうだよ。


だってデニムですもの。


そう認識してる方も多いかと思います。


購入したばかりの服にシミを付けてしまう。


それはかなりショックですよね。


このパンツは裾がカットオフになっています。


縫製(ロック)されていません。


だから切りっぱなりでぼさぼさな訳です。


色が変化したり、ぼさぼさになったり・・・


そういう服に広範囲にシミがついてしまったと言うのが厄介な訳です。


しかもBeforeの動画ではマーキングをしてあるから目立ちますが、それを取ればあまり目立たないわけです。


でも確実についてしまった事をお客様は知ってるし、わずかでも色の段差があれば取りたいと思うのは当然のこと。


あ~あ


こんな風になるのなら染み抜きなんか依頼しなきゃよかった。


なんてのは最悪です。


え?


こんなもん?


もう少し綺麗になると思った。


なんてのも、けして頼んでよかったとは思ってもらえないでしょう。


染み抜きとは色や質感を損なうことなく、シミだけを取る作業です。


簡単に取れるシミでも、簡単に地色が変わるのであればそれはとても難しい染み抜きになるわけです。


難しい染み抜きをしたくないのではなく


難しい染み抜きはハイリスクである事をよく理解して頂く事で


どんな厄介な素材でも染み抜きは喜んでさせて頂きますし私に出来る努力もお約束いたします。


お気軽にご相談くださいませ。

 ©染み抜き 武田クリーニング All Rights Reserved.