top of page

今のままじゃシミがあって着られない 古いバーバリーの染み抜きを見て下さい



一回も負けない


なので・・


1位(金メダル)です。


2位(銀メダル)は


決勝戦で負けて



3位決定戦で勝って


がありますので・・


同じ2位でも表彰台での気持ちに差があると思うのです。


決勝で敗れた場合


「今は悔しい気持ちの方が強い」


3位を決める戦いで勝った場合はそれがないと思います。


2位ってのは同じでも


感情は真逆です。


北京オリンピックが終わってしまいましたが・・


総集編を観てると選手の色々な想いが伝わってきます。


メダルを取得した選手。


そのメダルの色の差はとんでもなく大きくて・・


メダルには惜しくも届かなかったけど入賞は出来た選手。


表彰台に立てるのと立てないの差はとんでもなく大きくて・・・


オリンピックで優勝する事を目指し・・


まずはオリンピックに出場する事を目指し・・


その目標を達成することを最重要視した生活を4年間継続するわけです。


想像を絶する長く苦しい日々の戦いの結果を数分のダイジェストで観てるだけの僕です。


ある選手の言葉ですが・・


練習でどんなにうまく出来てもうれしくない。


何のためにやってるのかわからなくなった。


何のために生きてるんのかもわからなくなった。


他人より上手だと言われ・・


それを自分でも認識し・・


どんどん「楽しく」なり・・


もっと上手になりたい!と強く想うように。


戦いに勝つ事で


その「うれしさ」を知り


負ける事で


その「くやしさ」を味わい


競技を通じて沢山の人との出会いがある中で


常に戦う事を意識しながら「続けた」人を心から尊敬します。


世界中でたった一人。


結果が伴った人が手にした純金のメダル。


その偉業の影で支え続けた人にももっとフォーカスしてくれれば個人的にはうれしいですね。


結果良ければ全てOK


それは僕の仕事である染み抜きも同じです。


全てはお客様の「頼んでよかった」の為に・・


僕に出来る事をし続けようと思います。



Comments


bottom of page