水沢ダウンの経年劣化とは 剥離 接着樹脂の染み出し クリーニング事例




2010年 バンクーバーオリンピックのウェアとしてデサント水沢ダウンが誕生しました。


初期モデルである「アンカー」はアップデートを重ねながらデザインを変える事無く今も販売されています。


アンカー以外にも水沢ダウンを代表する人気モデルとして「マウンテニア」や「シャトル」があります。


今日ご紹介するのは「シャトル」です。


水沢ダウンと言えば・・・


シームレスダウンです。


縫製のダウンステッチがありません。


だから


劣化と言うとこの熱圧着された部分が剥離してしまうのでは?


って思う方がとても多いです。


実際・・


シームレスダウンの熱圧着部分の剥離は起こります。


私も経験ありますし、同業の方からもお伺いした事があります。


でも、水沢ダウンに関して言えば・・


それは一例もありません。


あ、今のところです。


今後、2010年製が入荷してくるかもしれませんから。


既に数多くの水沢ダウンのメンテナンス実績がありますが、今後もどんどん増えると思います。


なので今日は経年変化(劣化)の内容で動画を撮ってみました。


染みであれば・・


その色の段差は取れます。


でも、剥離や接着樹脂の染み出しだったりすれば・・


その色の段差は取れません。


そんな風に劣化する速度を遅くして、出来るだけ長く良い状態で着る為に・・


是非当店でメンテナンスをさせてください。


お待ちしております。